法律を、もっと身近に。

丸山 和也

参議院議員

丸山総合法律事務所代表

個人の権利を守る司法大国の実現へ


国がどんなに立派になったとしても、個人が幸せでなければ意味がないと思っています。
丸山の想いを堂々と主張し、国民個々人の幸福を追求していきたい。 政治というのはそのための手段でしかないのです。

例えば言論の自由があり、平等公平のために私は戦っています。 丸山は人情派と呼ばれることが多いですが、こんな考えを持っているからだと思っています。

丸山 和也の公約

なぜもう一度挑戦するのか

政治にかける想い。実現したいビジョン

私は「生きる」ことを人生のテーマにしています。生き方を追求する弁護士であり、政治家でありたい。人は生きるという命題を持って生まれてくる。
私は政治という道を歩み、今またチャレンジしようとしています。
それが私にとって生きるということであり、自分の価値であると思っています。

今まで法律家として生きてきて、政治家として生きてきて、その集大成が今回の挑戦になると考えています。
今まで生きてきた道を、未来に繋げる挑戦ですね。その挑戦が日本に生きている全ての方に、幸せな生き方と道を作るための仕事になるよう挑戦しています。

実は知らない!?
参議院比例代表選挙の投票方法

1枚目は都道府県選挙区、候補者名を書いて投票。2枚目は比例代表(全国区)、候補者名もしくは政党名で投票。

丸山和也youtuber 弁護士久保田先生
参議院比例代表選挙
徹底討論

プロフィール


丸山 和也Kazuya Maruyama

昭和21年1月23日生。兵庫県揖保郡新宮町(現在の、たつの市)出身。

早稲田大学法学部卒業(昭和44年3月)、ワシントン大学ロースクールにて学位取得(LLM)(1978年)。

国家公務員上級職として法務省勤務(昭和45年~46年)、司法試験合格、弁護士登録(昭和48年)、弁理士登録(平成元年)。

これまでの実績

選挙区・比例区/当選年/当選回数

比例代表選出/平成19年、25年/当選 2 回

参議院における役職等一覧

平成31年4月16日現在

法務委員会

行政監視委員会

国際経済・外交に関する調査会(理)

メディア実績

テレビ、マスコミを通してニュース番組のコメンテーターや時事問題の解説者としての活動に加え、バラエティー(「行列のできる法律相談所」、「24時間テレビ100kmマラソン」等)まで幅広く活躍する。

「政治に哲学」をモットーに党利党略に距離をおき、良識の府に属する参議院議員としてのあるべき姿を実践してきた。法務委員会、予算委員会、決算委員会等で鋭く核心を衝く質問をする○著書「正義の判決」(小学館)「臨終デザイン」(明治書院)「だまされる人の共通点」(主婦の友社)「丸山和也の毒舌国会」(真珠書院)「いまこそアジアに進出せよ」(ごま書房)他多数

スローガンは単騎千里を走る

自民党内にあっても派閥に属していない丸山は信念を持って活動しています。
確かに派閥に所属するメリットは多くあります。でも、それは丸山がすべきことではないと考えています。

自身の信念を貫くために、丸山を応援して下さる方々に報いるためには個人で活動する必要があるのです。

派閥に属するメリットがあると同様、単騎だからこそのメリットがあります。

文を学び、法を学び、そして主義主張を貫くために、しがらみに囚われず、「単騎」で「千里」にある目標に突き進むのが丸山のスローガンです。

丸山 和也

ブログ・活動報告


ページトップへ戻る